けんこう日記

履いてますよ!

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

最近、“ふんどし”が再燃してきているようで。何事も経験!


履いてみっか!ふんどし!(ドキドキ…)なんじゃこりゃーーー!

もっと早く出会いたかったーーー!

現代のパンツ(ショーツ)には、おなか周りと足が入る部分にゴムが入っており、知らない間に鼠径部(太ももの付け根)にあるリンパ腺や血管を締め付けているとのこと。


それが、浮腫や冷えの原因になっていることもあるとか。

ふんどし型パンツのゴムは、おなか周りのみ


更に、私が履いたもの(商品名:ふんティー)は、一般的なパンツ(ショーツ)のように可愛いらしく作ってあるので、言わなけれ分からない程のデザイン♡

ふんどしだけど、身体のことを心から想い、身の回りに存在するものだけで作り上げた傑作品。


先人たちの知恵は、現代の私たちにもこれから先にも、不可欠なのかもしれません。『ふんどし履いてますよ!何か?笑

(保健師:河野 聖美)

この文章を書いた人
地域包括支援センター

地域包括支援センターは、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員を必置とする相談窓口です。それぞれ専門分野は違いますが『高齢者の暮らしを地域でサポートするための拠点』として、日々業務にあたっています。

保健師:河野 聖美

生まれも育ちも都農町寺迫。もちろん今も、根を伸ばしながら在住。都農町と人と話す事が大好きで、町民として町民と共に暮らし、得意な感性を生かして私にできることを考え、実行しています。在籍4年目。

社会福祉士:児玉真実子

大分市出身。今まで医療機関や社会福祉協議会に勤務。平成30年に入庁。入庁を機に町外から都農町へ移住。現在は都農の楽しいこと、面白いことを日々探しています。

主任介護支援専門員:坂本路明

平成5年に入庁し、地域包括支援センター開設時から勤務。町外出身・在住ですが、人生の大半を都農町のために費やしています。最近ちょっと、自分の物忘れが気になり始める…。

介護支援専門員:塩月美穂

都農町生まれ、現在は川南町在住。いつの日か都農町に戻ってくる予定。社会福祉法人に約18年勤務し、令和3年4月に入庁。人の性格は変えれないけど考え方は変わる、という話せば分かり合えるということを信じて精進中です。

年齢、出身、経歴もバラバラな4人です。お困りごとなど、お気軽にご相談ください。

目次