けんこう日記

タバコが解消できる唯一のストレスは?

常習的な喫煙者(ニコチン依存状態の方)がタバコを吸っても、吸わない人の通常と同じ状態に戻っただけという話を前回しました。

逆にタバコを吸わない、ニコチン切れになることはストレスフルな状態になります。

この状態はとても微妙な感覚で、他の原因で起こるストレスと区別がつきにくいのです。

ニコチン切れのストレスを、仕事のストレスや家庭のストレスだと勘違いしてしまうこともあります。

またタバコを吸うことで、ニコチン切れのストレスから回復しただけなのに、他のストレスにも効くと思いこんでしまうこともあります。

世の中にたくさんあるストレスの中で、タバコの効果があるのは「ニコチン切れのストレス」ただ一つです。

この文章を書いた人
桐ケ谷 大淳(きりがや だいじゅん )

大阪府出身。2001年、滋賀医科大学卒業。社団法人地域医療振興協会にて地域志向型研修を受け、へき地の診療所で所長を務める。2012年に子育て環境を考えて、妻の実家のある宮崎県へ異動。地域の病院での在宅医療部門の立ち上げや、大学での教育に携わり、2020年4月から都農町にて勤務。ワーク・ライフ・バランスを良くしていくことが、ここ数年の課題。最近の趣味は、子どもたちとサッカーをしたり公園で遊ぶことです。

質問箱

皆さまからのご質問は、後日「けんこう日記」にて回答いたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる