人口1万人の小さな町、
宮崎県都農町(つのちょう)。
人口減少、高齢化、医師不足、

それぞれの課題を、
総合診療医や介護士、看護師、町役場

みんなで団結して
地域共生社会をつくるための

「ローカルけんこうメディア」です。

つのまる
総合診療医
看護師
生活支援コーディネーター
介護士
ソーシャルワーカー
ケアマネージャー

つの町とまるごと繋がる
つの町をまるーく支える
つの町がまるっと見守る

健康づくりや病気のこと、
悩みに役立つ情報をお届けします。

地域共生社会

都農町が目指す地域共生社会

地域包括ケアとは地域における
医療、保健、福祉などのサービスを
「多職種連携の専門家」が一致団結!
町民一人ひとりに向き合って、
誰もが自分らしい暮らしを
実現できるようお手伝いする仕組みです。

1万人の小さな町だからできる繋がり
多職種の専門家たちが連携して見守る地域
「最期は住み慣れたところで
自分らしく暮らしたい」

高齢者や障がい者、子ども、
生活に困っている人
誰も取り残さないために、
地域をまるーく支えます。

① 糖尿病・認知症

5種類への対応を実際のエピソードをもとに
漫画事例で紹介しています。

脳卒中・認知症

うつ病

糖尿病・双極性障害(うつ病に近い)

末期ガン(自宅看取り)

総合診療医

2018年に「総合診療医」という
新しい専門医が誕生。

地域の方々のあらゆる健康問題に対応するため、
地域や場所によって多様な働き方をしています。

大病院で幅広い病気に対応
自治体と連携して健康増進活動
自宅や高齢者住宅に出向いて在宅医療
町の診療所であらゆる年齢層の患者さんを診療

“どんな患者さんの力にもなりたい”という思いをもって、地域のさまざまな専門医や医療・保健・福祉の専門職と連携し、その方にとって良い医療サービスを一緒に考えてくれる医師たちです。

宮崎大学ではこれからの
“地域医療”を支える人材を育てています。

医師達の写真