けんこう日記

新型コロナ感染予防のマスク着用の考え方

1つ星 1
読み込み中...
  • URLをコピーしました!

最近のニュースでも出ていますが、マスク着用の考え方が厚生労働省から示されました。

簡単に書くと、

・屋内(建物の中・地下街・公共交通機関の中など)

身体的距離2m以上会話ほぼ無しならマスク必要なし(2m以内や、会話するなら着用を推奨)

・屋外

身体的距離2m以内・会話ありならマスクを推奨(2m以上や、会話ほぼ無しならマスク必要なし)

(高齢者やハイリスク者との面会時には着用を推奨)

・就学前の児童では2歳未満なら不要2歳以上では着用を一律には求めない、となりました。

具体的な内容については、厚労省のサイトに示されています。

https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kanyaku/masuku0525.html

マスクなしと比べて、マスク着用による予防効果自体は明らかになっています。

状況に応じて、マスク着用をお願いします

この文章を書いた人
桐ケ谷 大淳(きりがや だいじゅん )

大阪府出身。2001年、滋賀医科大学卒業。社団法人地域医療振興協会にて地域志向型研修を受け、へき地の診療所で所長を務める。2012年に子育て環境を考えて、妻の実家のある宮崎県へ異動。地域の病院での在宅医療部門の立ち上げや、大学での教育に携わり、2020年4月から都農町にて勤務。ワーク・ライフ・バランスを良くしていくことが、ここ数年の課題。最近の趣味は、子どもたちとサッカーをしたり公園で遊ぶことです。

質問箱

皆さまからのご質問は、後日「けんこう日記」にて回答いたします。

目次
閉じる