けんこう日記

タバコに心を奪われる?

タバコを吸いたくなってしまう正体がニコチンのせいだというのが分かってきたと思います。

・食後にタバコが吸いたくなるのは、食事だけでは満足できないから。

・お酒の席でタバコが吸いたくなるのは、ニコチンなしでお酒を飲んでも楽しくなれないから。

・ひと仕事した後に一服したくなるのは、仕事からの開放感だけではリラックスできないから。

タバコをやめると人生がつまらなくなるのでは、そんな感じで不安に思っている喫煙者もおられるかもしれません。

まだ子どもでタバコを吸っていなかった頃、周期的に手持ちぶさたになったり、口寂しくなったりしたでしょうか?

そんなことはなかったと思います。タバコをやめても、あの頃に戻るだけです。

タバコの最も恐ろしい害は病気でもお金でもなく、心が奪われることかもしれません。

この文章を書いた人
桐ケ谷 大淳(きりがや だいじゅん )

大阪府出身。2001年、滋賀医科大学卒業。社団法人地域医療振興協会にて地域志向型研修を受け、へき地の診療所で所長を務める。2012年に子育て環境を考えて、妻の実家のある宮崎県へ異動。地域の病院での在宅医療部門の立ち上げや、大学での教育に携わり、2020年4月から都農町にて勤務。ワーク・ライフ・バランスを良くしていくことが、ここ数年の課題。最近の趣味は、子どもたちとサッカーをしたり公園で遊ぶことです。

質問箱

皆さまからのご質問は、後日「けんこう日記」にて回答いたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる