けんこう日記

医療とまちづくりの関係

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • URLをコピーしました!

前回お話したセミナーですが、医療とまちづくりと関係があるの?と思われる方々もおられるでしょう。

医療というと病気になったときに受けるもの、というイメージが大きいと思います。

医療の目的は、患者さんの治療と、人びとの健康の維持もしくは増進とされています。

なので、病気を持っていない人が健康であり続けるため、医療者がアプローチをすることは大事な仕事の一つです。

病院の中で医療行為をするのに留まらず、医療者が地域と関わりを持ちながら、時には地域にも出向いていくことが、町民の健康を増やしていくことにつながります

そういうときに、まちづくりの視点をもっていると、より効果的なアプローチができると思います。

この文章を書いた人
桐ケ谷 大淳(きりがや だいじゅん )

大阪府出身。2001年、滋賀医科大学卒業。社団法人地域医療振興協会にて地域志向型研修を受け、へき地の診療所で所長を務める。2012年に子育て環境を考えて、妻の実家のある宮崎県へ異動。地域の病院での在宅医療部門の立ち上げや、大学での教育に携わり、2020年4月から都農町にて勤務。ワーク・ライフ・バランスを良くしていくことが、ここ数年の課題。最近の趣味は、子どもたちとサッカーをしたり公園で遊ぶことです。

質問箱

皆さまからのご質問は、後日「けんこう日記」にて回答いたします。

目次
閉じる