けんこう日記

乳がん検診②

1つ星 4
読み込み中...

やっと呼ばれました。ドアを開け看護師さんから名前を確認され椅子に座りました。

先生の軽い会釈もあったのか。待ち時間に考えた悪い予感のおかげで記憶にないぐらいです。椅子に座っても先生は目も離さずに撮影された画像を見ています。

心の中で深いため息。説明の入り方からも・・・・。重い・・・・。

最後に聞こえた言葉は「また1年後で大丈夫ですよ」

本当に気が抜けすぎホッとしてスーッと涙が流れました。看護師さんから背中をさすられ

「待っている間、不安だったねー。」と言われたもので、この年になり久しぶりに嗚咽するぐらい泣いてしまって。

看護師さんの役割を本当に感じながら、やっと先生に質問をしながら診察室で過ごし「それだけしっかり見ていますからね。」って言ってくれました。

しっかり来年の予約を入れ、しっかり涙をぬぐって帰りました。

健康診断って結果が出るまでの不安もあるけど。

健康の安心を感じられるものなんだなーと。

健康診断や乳がん検診。定期的に意欲的に受けましょう

この文章を書いた人
つのまるナース

「つのまるナース」は、病院の組織では看護部に所属しています。

看護部には男女の20〜60歳代、子育て中や、身内の介護中など様々な生活背景を持つ40人近い看護師がいます。看護師⻑のもと、「外来」(通院する患者さんへの看護)と「病棟」(入院されている患 者さんへの看護)の、大きく分けて2つのチームにわかれ、外来、健診、訪問、病棟、 地域連携の各部署で、それぞれのもつ個性を活かしながら、日々働いています。 たくさんある看護師のしごとを、これから「つのまる」を通じて紹介していきます。

目次